海外旅行先での怪我での150万円借金体験談。【20代/150万円任意整理】

せっかく海外旅行に行って怪我をしてしまった…

そんなとき、ふと頭に思い浮かぶのが、医療ローンの存在ではないでしょうか?

今回は海外旅行でのトラブルによって怪我をしてしまい医療ローンを利用した水谷さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

水谷さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3.5)

【年齢】20代
【性別】女性
【職業】会社員
【借入件数】 2件
【毎月の返済額】5万円
【借金総額】150万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】50万円

医療ローンを利用してしまった理由は?

医療ローンを利用した水谷さん。なぜ医療ローンを利用してしまったのでしょうか。

あける

滝沢さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

中国への海外旅行中のトラブルによる多額の請求、怪我による通院費です。

中国に行った際にトラブルに旅行トラブルに巻き込まれてしまい、怪我をしてしまいました。

中国で病院にかかったのですが、保険等を使うことができなかったので、医療ローンを組むことになりました。

水谷さん

あける

なぜ医療ローンに?

当時、クレジットカード等を持っておらず、旅行で必要な最低資金を現金で持ち歩いていました。

クレジットカード等を持っていれば、カードで支払いができたのですが持っておらず、現金も予定範囲内の最低限しか持っていませんでした。

そのため、急な出費に対応することができず、医療ローンを組むことになりました。

水谷さん

あける

それで医療ローンを利用してしまったんですね。

はい、その結果バイトを掛け持ちすることになりました。

当時アルバイトを掛け持ちし、収入は月15万程度でした。

ただそれだけでは返済金には足りないので、夜間のアルバイトを行い、また食事も1食100~200円と安いものにしてました。

週2、3回だった人からの誘いも月1、2回程度に減らし、先輩からの誘いにはしばしば乗っかり、無駄な出費をしないようにしてました。

もちろん、怪我や海外でのトラブルだったので、自由に働けるようになってから働き始めました。

そのため、最初から返済がうまく行っていたわけではありません。

水谷さん

借金の返済について

消費者金融は、借入をするまでのスピードが速く便利な借入方法です。

しかし、利息が15%~と高利息の借入でもあります。自分が返済できない額まで借りてしまうと借金額は雪だるま式に増えていきます

あける

ちゃんと返済はできたんですか?

はい、返済できました。

負傷が治ってから通常のアルバイトを行い、同時に夜間のアルバイトを探し、友人がちょうど人手が足りないということで飲食店でアルバイトを行いました。

その後、到底追いつかない金額だったため、弁護士さんに依頼して、任意整理手続きを進めてもらいました。

任意整理手続きは、弁護士さんと1度、2度、年収や月々の支払いからの減額幅の調整をしたのみで、その後は弁護士さんと貸金業者の話し合いで終わりました。

将来利息分の50万円ほどが減額され、10~15万円のまとまったお金ができるようになったので少しずつ返済するようにしました。

上記の対策として食費の部分をカットしたと記載しましたが、夜間のアルバイトが飲食系であったため、まかない等もあり、食費部分のコストカットがうまく行きました。

あとは生活に必要なものだけで生活することができたため、かなりスムーズなペースで返済することができました。

水谷さん

返済を終えたあとの状況

無事完済できた水谷さんですが、消費者金融を利用した後に不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

今の心境はどうですか?

もしも、借金で困っているのなら、接待、会食、デート等のどうしても削れない部分は仕方がないです。

しかし、それ以外の節約できる食費や趣味での浪費などの部分に関しては削り、うまく節約できれば少額でも、返済に充てることができるため、利息が膨れ上がることもないと思います。

また、旅行をする際に任意の保険に入っていなかったことにとても後悔しています。

「旅行は慣れているし大丈夫だろう」という慢心から保険に入らずに中国に行ってしまいました。

しかし、旅行先で何が起こるか分からないということを今回のことで改めて学びました。

入れる保険には貼っておいた方がいいです。

水谷さん

消費者金融の罠

消費者金融は、一定期間無利息など便利なシステムがあるところが多く、融資までの時間が短いので気軽に借金をすることができます。

しかし、消費者金融から借入を行なって無利息期間内に返済し終えている人はかなり少なく、利息がかさんでしまい悩んでいる方が多いのが現実です。

消費者金融はリボ払いとほぼ変わらない利息での借金になります。

計画的に利用できる場合は良いですが、借入額と返済額を把握していないとズルズル引きずってしまうことも少なくありません。

もし、消費者金融を利用してもう返済できない額になってしまっているなどが困っている場合は、借金減額シミュレーターを使ってみましょう

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断