【20代/500万円借金返済体験談】大学進学費用や下宿費用で多額の奨学金を借入、任意整理で借金問題解決へ!

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

 

奨学金を借りて大学に進学する方、大学進学後に奨学金を借り入れる方は少なくありません。大学を卒業後、就職してから奨学金の返済が滞ってしまい、債務整理をする方もいます。機関保証制度に加入することで保証人が不要の奨学金制度もあります。家族に迷惑をかけたくないと言う方は機関保証を使用しての借入をおすすめします。

大学費用、下宿費用で借入をしました。任意整理で返済までの道のりが見えました!

龍河さん(20代/男性)

【年齢】20代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】 1件
【毎月の返済額】2万円
【借金総額】500万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】60万円

Q.借金をした理由はなんですか?

A大学に進学する時に、学費やアパートの下宿費用が必要でした。

しかし、高校時代にファストフード店でアルバイトをして貯金していたお金では間に合わなかったため、日本学生支援機構で奨学金の借り入れをしました。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A対策としては家計簿を作成し、自分のお金の収入と支出を把握することから始めました。

その中でお金の使い方を見直し、減額できそうなところを減額、一部借金の返済費用にあてました。

また、一つの口座では用途別のお金の収支が掴めなくなってしまうため、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行等のメガバンクの口座(自身が日本の、どの地域に引っ越しても存在する銀行なため)を作成しました。

作成した銀行口座を、生活費用、貯金用、借金返済用と自分のお金の収支を項目ごとに分けて考えるようにしました。

用途別に銀行を変えて保管するだけで毎月返済しなければならない金額を忘れず口座に入金するようになりました。

Q,債務整理の具体的な手順や経緯などを教えてください

A動画サイトを見ていたときに初回相談無料と言う広告を目にして、弁護士に相談しました。

弁護士さんに相談したところ、自分の場合は任意整理で対応ができると言うことでした。

相談後、運転免許証と印鑑、キャッシュカードなどの必要書類は持っていたので、その場で任意整理を依頼しました。

任意整理依頼後、自分は4回ほど弁護士さんと面談をしただけでした。減額交渉や手続きは日本支援機構の方と弁護士さんで話し合いをしてもらいました。

任意整理手続き後、借金は60万円減額でき、毎月の返済額を2万円に設定してもらいました。

自分の家賃、光熱費、食費等を差し引いた生活費用内で払える金額で追加返済しました。また、ボーナスなどの臨時収入が入った時は前倒しで返済をする計画を組みました。

1万円でも2万円でも追加で多く返すことで任意整理の返済期間を短くすることに集中しました。

食費を1日500円以内に収めたり使っていない家電は消したりなど生活費、光熱費の節約をしたこともあります。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A借金をするにしても収入や貯蓄などを一円単位で把握してご自身が働いて返せる金額設定が必要です。

国家資格など、何の資格もない素人が数千万単位のお金を借りてしまうと自己破産という選択肢しかなくなってしまいます。

借りないに越したことはないですが、借りるのであれば数百万単位までに留めるのが最善だと思います。

また、普段から借金の貸し借りに慣れないでください。

普段から限度額いっぱいまでお金を借りてしまっていると医療ローン等でお金を借りなければならない場合に借りることができなくなります。

奨学金だから仕方ない、などとは思わず、利息で借金が減らないと感じたら専門家に相談してみるのがおすすめです。

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断