【20代/32万円借金返済体験談】任意整理でクレジットカードでの浪費癖から脱却して全額返済する方法!

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

 

20代だと物欲も旺盛な方が多く、ついつい欲しいものを購入するために借金をしてしまうという人も少なくありません。しかし、学生だとアルバイトで得られる収入も限られるので返済にお金を回せなくなってしまうこともしばしばあります。自分の収入と支出を確実に把握して返済できる範囲で借入をすることが重要です。

任意整理と自動貯金で浪費癖から立ち直れました!

佐藤さん(20代/女性)

【年齢】20代
【性別】女性
【職業】学生
【借入件数】1件
【毎月の返済額】4万円
【借金総額】32万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】15万円

Q.借金をした理由はなんですか?

AAmazonや楽天での服やバッグの購入が大半と、金欠で友達との飲み会の参加費用での緊急使用が借金をした理由です。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

Aクレジットカードを使ってしまう癖があり、それを打開するためはじめにカード会社に連絡し利用停止をお願いしました。

次に、返済金を溜めるために給料が振り込まれたら自動貯金を設定しました。断捨離をしお金を作りました。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A始めに、クレジットカードをカード会社に連絡し利用停止にしてもらいました。手持ちのカードが使用可能な状態であると返済金や残高に関係無く使い続けると思ったからです。

そして次に毎月金欠になるのを避けることを考えました。給料が入った分を全部使ってしまう、しかし毎月その入った分でなんとか生活してきた。

このことを考え、給料を減らしてもその額で生活できると思い、自動貯金機能を導入しました。

使うカードも、お金もなくなったので、最後に借りる人をどうにかすることにしました。

流石に縁を切るのは寂しかったので、友達に自分の借金の事情を説明し、お金を借りようとしたら怒ってでも止めてとお願いしました。

その後、任意整理をするため、専門家に相談しに行きました。自分には弁護士に依頼するお金がなかったため、また、借金総額も140万円以下だったので、司法書士に任意整理を依頼しました。

その結果、将来利息分の15万の減額に成功し、現在は17万円を3年で返済することになっています。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A自分の場合は物欲と、貯金することが苦手なところから借金になりました。

なので浪費癖がある人は借金をする前に自動貯金を設定すること、クレジットカードは自分の収入で支払えるだけの上限金額にすることです。

お金を使わない趣味を見つけることが一番です。頑張ってください!!

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断