【30代/98万円借金返済体験談】結婚資金のために借り入れ、個人再生で10万円の減額に成功!

ガイド 鈴木太郎​

結婚資金は様々な出費が重なってしまうので、決して安く済むものではありません。そのタイミングで借金をする人も少なくないと思います。借金は金銭面だけでなく信用といった点においても結婚生活が破綻してしまう可能性もあるほど重大な問題だと言えます。相手とのトラブルが起きないうちに早期解決するためにも、専門家への相談を検討しましょう。

結婚資金のために借り入れをしましたが、支払いが苦しくなり個人再生に踏み切りました。

桂木(30代/男性)

基本情報
【年齢】30代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】2件
【毎月の返済額】5万円
【借金総額】100万円
【解決方法】個人再生
【減額できた借金額】10万円

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A借り入れしている金額と内訳をノートに記載し、その借金を返済する予定です。 毎月給与を受け取り、返済ぶんと生活費分を別々の銀行口座に預けます。 片方は返済に全て使用しますが、余った場合は貯蓄に回しています。
具体的な返済計画は、借金と日々の支出管理にも役立つのでおすすめです。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A私の月給は20万円です。 その金額はすでに税金と社会保険を差し引いています。 給料をもらった後、すぐに5万円を別口座に送金して借金を返済します。 残った金額は主に生活費に使用します。

月末にまだ残高がある場合は、貯蓄口座に預け入れます。
月末に費用をまとめてノートに記録し、翌月に支出よりも収入が多い状態にすることができるようにします。そのため、私は常に支出を最低限に抑えることを念頭に置いています。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A私のように借金をしている人には、返済計画を立てて、その計画に沿って使うようにアドバイスします。お金を借りないに越したことはありません。借りた後は、常に返済期間と返済額で頭がいっぱいになるからです。 

借金を返済するのは簡単なことではないので将来、多額のお金を必要とする支出がいつ必要になった時のためにも、返済計画を立てていない借金はしない方がいいです。

借入額、年代別

50万円以内

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜