【30代/269万円借金返済体験談】自家用車やブランド服の購入のために借入、任意整理で20万円の減額に成功!

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

 

借金をする場合は月々の収入と返済額を計算して返済計画を立ててから借入をすることで完済までの期間や、現段階の返済状況が把握できるので借金の状況への不安が軽減されます。この事例は借入状況や完済までの見通しが立たないことの不安から専門家に相談して任意整理をした事例です。現在の借入状況がわからないと言う方も専門家に相談してみましょう。

車やブランド服の購入代として借り入れをして、返済が滞ってしまいましたが20万円の減額に成功しました!

桂木(30代/男性)

【年齢】30代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】7件
【毎月の返済額】8万円
【借金総額】269万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】20万円

Q.借金をした理由はなんですか?

ABMWを自家用車として購入したり、オフホワイトの服などのハイブランド品を購入したりと自分のほしいものを給与内で抑えきれず、衝動的に購入してしまう性格でした。自分の貯金がなくなると消費者金融やカードローンでお金を借りて自分の物欲を満たすようになったためです。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A今借入している借金は全部でいくらあるのかを計算し、1ヶ月単位の返済計画を立てました。

自分で返済分のお金をもっていると返済金を使ってしまう可能性がある為、返済額は使ってしまわないように給料日に家族にすぐに渡すようにしました。また任意整理を行い月々の返済を8万円から5万円まで減らして頂きました。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A債務整理をしようと思った経緯は完済までの見通しが立たずいつまで毎月借金を払っていかなければならないのかわからず将来に不安があった為です。具体的な手順は下記のようになります。

1.債務整理をするために、ネットで口コミや自分と似ている状況の体験談を検索し弁護士事務所を探す。
2.契約金や報酬金など納得出来る弁護士事務所が見つかったら相談をして債務整理を進めてもらう。
3.カード会社と弁護士が任意整理について話し合い自分の希望の全社で月々5万円でまとめてもらう。
(話し合い期間中は債務の返済は止まるが弁護士事務所への費用を毎日5000円払う。)
4.話し合いがまとまると合意書などの書類が届き毎月の支払いが開始。
現在に至る。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A複数社から借金をしている方は、おまとめローンなどで払い口を1つにしたり、支払いができないという方は一度弁護士に相談する事をおすすめします。
借金の総額がいくらか、返済期日や完済までの計画と日数整理し自分の借金の状況を自覚する事が一番になると思います。

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断