【30代/80万円借金返済体験談】ブランド品への浪費で借入、任意整理で返済金減額、過払い金請求に成功!

ガイド 鈴木太郎​

趣味での出費は削ることは難しいと思います。下記事例では、趣味の出費はそのままに生活費などその他の出費を削ることによって月々の返済金を確保している事例になります。趣味にお金を使っていても、余剰金が出た時に返済に回すだけで、借金残高の減り方は違ってくるかと思います。

趣味をやめずに他の出費を削って返済に当てています!

林原さん(30代/女性)

基本情報
【年齢】30代
【性別】女性
【職業】会社員
【借入件数】 1件
【毎月の返済額】2万円
【借金総額】80万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】5万円

Aヴィトンやロエベなど高級ブランドの洋服にこだわりがあり、月に2、3着ほど購入していた時期がありました。

当時の収入ではハイブランド品など買えるはずもなく、借金をして、無理に買っていました。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A現段階での借入の金額や借入時期を把握し、早期解決ができる返済計画がどのような返済方法であるかを、日々の生活で考える習慣を持つようにしました。

その習慣によって、生活費を切り詰めたり、ブランド品への浪費など無駄な出費を月4~5万円ほど抑えることができました。

借金の返済を早めに済ませることで、毎月の返済期日や借金額に追われることのない生活への方向性が見えたと思われます。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A知り合いの弁護士にメールで相談したことに始まり、借金によって払いすぎた金額をどのように扱うべきかを検討しました。

また、先方から債務整理について、任意整理や過払い金など、納得できる意見がいくつか返信されたことから、支払い過ぎた金額においては、安心して返してもらえるとそのとき感じました。

一人では解決させるのが難しかったと今では思っており、メールで相談してから返済への方針を具体化させたことを評価しています。

自分の場合は過払い金もあり、払いすぎていたお金がもどって来たので、任意整理での対応となりました。

任意整理の手続きとしては、弁護士さんと手続きの手順や貸金業者との交渉手順などを話し合いました。

自分が弁護士さんにどのような手続きを依頼しているのかをわかりやすく説明していただけたので、安心して依頼することができました。

自分の借入状況に見合った返済方法や借金の解決方法を見つけることができれば、滞ることなく解決できると思います。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A自分の借入状況を把握した上でどのような解決方法かを考慮しながら、専門家への連絡や裁判所へ連絡する勇気を持つことが重要です。

借金は過払い金などの知識がどれだけあるかという点が解決に関わってくることから、借金の支払いが苦しいと感じた時点で専門家に相談することが重要です。

解決方法や返済方法を知ることができれば、計画を立ててその計画に沿って行動するだけです。

借入額、年代別

50万円以内

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜