【30代/170万円借金返済体験談】友人の肩代わりをして170万円の借金、躁鬱病を患いながらも自己破産でゼロに!

ガイド 鈴木太郎​

友人の肩代わりでの借金トラブル、連帯保証人になった後での借金トラブルは後を断ちません。連帯保証人になってしまうと単純な保証人になるのとは異なり、認められる権利の数が違います。連帯保証人の場合は借金に対して主債務者と同じ義務を負うことになるので、注意が必要です。

友人の肩代わりをした借金を返済できなくなり自己破産に踏み切りました。

川崎さん(30代/女性)

基本情報
【年齢】30代
【性別】女性
【職業】主婦・主夫
【借入件数】 4件
【毎月の返済額】5万円
【借金総額】170万円
【解決方法】自己破産
【減額できた借金額】170万円

A友人が借金の返済に困っていて、助けてあげようと思って代わりに返済したらその友人と連絡が取れなくなってしまった。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A友人が借金を月4~5万円ほど返してくれるということだったのですが、その友人と連絡が取れなくなってしまいました。

その後、パートの給料から5万円ずつ返済していきました。しかし、心の病気にかかり、体調も崩し休職しなければならなくなりました。

収入もない状態で返済が滞り始め、完済の目処も立たなくなったため、自己破産をすることに決めました。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

Aパートをやめたことで借金を返せる見込みがなくなり、知人に弁護士を紹介されました。

弁護士事務所では自己破産申立書や陳述書を書くために、弁護士から借金をした理由、借金に至った経緯などを聞かれ、答えました。

自己破産手続きのために持っている全てのクレジットカード、銀行通帳を弁護士に預けました。

担当弁護士の方が私の代わりにカード会社と取り合ってくださり、自己破産の申請をすることになりました。

その後、裁判所への申し立てを通過でき、自己破産することができました。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

A金額にもよりますが、借金を抱えているということ自体が心の負担になることは確かです。

心の病気になると本当に何も手につきませんし、治療費もかかるので病院に行くのもためらってしまいます。

しかも、すぐには治りません。

私のように病気になる前に、信頼している人に相談したり、借金の返済方法や解決方法を調べたり、専門家に相談することで対処することができたらいいのでは、と思います。

借入額、年代別

50万円以内

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜