【40代/48万円借金返済体験談】コロナ退職で収入がなくなったことから借入、任意整理で30万円の減額に成功!

ガイド 鈴木太郎​

借金をする場合は月々の収入と返済額を計算して返済計画を立ててから借入をすることで完済までの期間や、現段階の返済状況が把握できるので借金の状況への不安が軽減されます。この事例は借入状況や完済までの見通しが立たないことの不安から専門家に相談して任意整理をした事例です。現在の借入状況がわからないと言う方も専門家に相談してみましょう。

コロナの影響で収入がなくなっての借入でしたが、任意整理で30万円の減額に成功しました!

本谷さん(20代/男性)

基本情報
【年齢】40代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】2件
【毎月の返済額】2万円
【借金総額】48万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】30万円

A新型コロナウイルス感染症による従事している企業が経営不振に陥ってしまい、リストラを宣告されて職場を離れざるを得なくなってしまいました。それまでの収入から貯金はしていたものの、急に無職になり収入がなくなってしまい食事もままならなくなってしまったので、借入をしました。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A新しい職を探すとともに、お金を返していかねばならないので、友人に借入状況や返済予定を話して、お金を借りて貸金業者に一括で返すことにしました。

貸金業者からの、取り立ての電話や手紙などはなくなりました。現職はIT系のアルバイトをしていますが、収入はあるので友人に毎月2万円ずつ返済しています。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A失業後まず、ハローワークに行き、自分に合った職業を探しました。早く返済をしたかったので、給料のよいところをと思いましたが、ハローワークの方のアドバイスをもとに月給約32万円の給料で興味のあるIT系の職にすることにしました。

現在まで約半年ほど続いてます。給与の面で毎月の返済期日に2万円ほどの金額を返済できる体制ができ、今も元本分の返済を続けながら金銭に不自由なく生活できてます。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

Aまずは、お金がないのに勢いで仕事をやめたり、返すあてのない借金はしないようにしてください。もし借金をして困ったら、一人で悩まず家族や友人、専門家に相談してください。放っておくのが一番よくありません。放置しても結果は借金が膨らみ自分の首を締めるだけです。

借入額、年代別

50万円以内

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜