【40代/46万円借金返済体験談】子供の学費のためにキャッシングを利用、仕事を増やして現在も返済中。

ガイド 鈴木太郎​

結婚をしてお子さんがいる家庭であれば、お子さんの学費の支払いというものは避けられない問題かと思います。子供が進学するときのためにも子供が生まれてすぐ学費のための貯金をしておくのがおすすめです。また、現在は無利子の奨学金や教育ローン等も充実しているのでそういったサービスを使うと家計の圧迫は軽度で済む可能性が高いです。

子供の学費のために借入したお金だったのですが生活費を切り詰めて返済中です。

高橋さん(40歳/女性)

基本情報
【年齢】40代
【性別】女性
【職業】パート・アルバイト
【借入件数】1件
【毎月の返済額】1.5万円
【借金総額】46万円
【解決方法】解決していない
【減額できた借金額】なし

A私立高校に通っている子供の学費の支払いが年100万円を超え、思った多く、困ってキャッシングを利用しました。

教育ローンの場合は世帯収入の上限額に縛りがあり、自分の世帯収入は利用できる教育ローンの上限額以上だったので、ATMでのキャッシングを利用しました。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A毎月1.5万円を返済期日に返済しています。

まとめて返済したいのですが、家計が回らなくなり、またキャッシングに手を出してしまいそうで怖いです。

パートの時間を増やせないか会社に交渉していますが、難しそうです。主人はボーナスがありません。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

A主人が独身の頃、キャッシングを利用していました。結婚するときにまとめて返済し、今後一切キャッシングはしないと約束しました。

しかし、学校へ支払う学費なのに、どうしてもお金を準備できなくて、ATMでキャッシングして学費の振り込みに利用してしまいました。

現在働いているパートの収入での返済を考えています。自己破産や個人再生を選んでしまうと、今後お金に困った場合、キャッシングを利用できないし、子供にも家族にも返済を肩代わりしてもらわなければならない場合もあります。

冬休みには、子供にもアルバイトをしてもらう予定です。コロナ渦での借金は不安です。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

AキャッシングはATMで簡単にできますが、返済しても返済しても元金が減りません。

金利も高いので、借入金よりも多く支払っていると言う気持ちが強いです。返済計画を立ててから利用するのが賢い利用の仕方だと思います。

自分のお金のような感覚で使えるので借りすぎに注意です。

借入額、年代別

50万円以内

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜