【40代/500万円借金返済体験談】事業ローンでの借入金を自己破産手続きで免責に!生活費に回すお金もできてゼロからのスタート!

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

 

事業ローンでの借入は何百万円と多額になることがしばしばです。経営がうまくいかず、自己破産という道を選ぶ方も多いです。現在では分割払いに対応している弁護士事務所も多く、また、法テラスでの民事法律扶助制度もあるため弁護士費用等あまり気にすることなく手続きを進めることも可能です。まずは気軽に専門家に相談してみましょう。

事業ローンでできた借金から自己破産で解放されました!

高橋さん(40歳/男性)

【年齢】40代
【性別】男性
【職業】パート・アルバイト
【借入件数】5件
【毎月の返済額】30万円
【借金総額】500万円
【解決方法】自己破産
【減額できた借金額】500万

Q.借金をした理由はなんですか?

A親が新たに事業を始めるに当たって運転資金を調達しなければならなかったため。

Q,借金返済に向けてどのような対策をしましたか?

A当時は会社勤めをしていたので、給与から毎月30万円ずつ返せるかと思っていました。

しかし、次第に返済に行き詰まり、会社の給与だけではどうにもならなくなりました。

結果、債務整理専門の弁護士事務所に無料相談をしに行ってすべて一任する形で自己破産申請を行いました。

Q,具体的な手順や経緯などを教えてください

Aまず、返済が不可能になってしまった旨を、借入先の金融機関に説明して回り、何とか返済の猶予をして欲しいとお願いしました。

しかし、全く相手にされず、返済が滞ってしまったという話をするとどこの貸金業者も、「裁判を起こして一括返済してもらう」の一点張りでした。

当初は弁護士費用を工面することもできなかったため、弁護士を立てず、自力での自己破産申請を試みました。

ですが、裁判官から、「弁護士を立てなさい。破産申請書に不備な箇所が多すぎて、全く受理できるレベルに至っていない。」と諭された為、弁護士を立てることとなりました。

Q.借金でお困りの方にアドバイスするとしたら、どのようなことをお伝えしたいですか?

Aまず始めにお伝えしたいことは、膨れ上がった借金は、他のところで借りて返したところで、自転車操業になるだけだということです。

自己破産をすると、約1年の間は自由を奪われてしまいます。しかし、毎月の返済から解放されて、返済期日や返済総額を考えずに生活することができます。

自分の場合は、専門家の費用を用意することができないということで債務整理を実行するまで時間がかかってしまいました。

債務整理手続き後に、法テラスという機関があることを知りました。弁護士費用を立て替えてくれたり、援助してくれたりする国の法的機関です。

もっと早く知っていれば、自分も法テラスを利用して弁護士費用を気にせずに債務整理に踏み切れました。

もし、弁護士費用が用意できない、依頼するためのお金が足りないという方は近くの法テラスを探して相談してみるのが1番の近道かもしれません。

借金のないゼロからの再出発を図る意味でも、自己破産での債務整理をお薦めします。

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断