ロエベやヴィトンへのなどのブランド品へのこだわりを捨てられず浪費、80万円の借金体験談【50代/80万円任意整理】


「借金体験談があなたの借金解決への手助けになる」を当ページの最後に紹介しています。→先に読む


ブランドもののバッグや財布が欲しいけど、手持ちのお金がない…

そんなとき、ふと頭に思い浮かぶのが、クレジットカードの存在ではないでしょうか?

今回はブランド品購入のために消費者金融から借金をしてしまった林原さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

里美さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3.5)

【年齢】50代
【性別】女性
【職業】会社員
【借入件数】3件
【毎月の返済額】4万円
【借金総額】80万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】24万円

借金を利用してしまった理由は?

借金を利用した林原さん。なぜ借金を利用してしまったのでしょうか。

あける

林原さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

若い頃に、一流企業で働いていて毎月ブランド品を購入していました。

10年ほど前に、事情があって退職したのですが、そのころの感覚を忘れることができずブランド品を毎月購入してしまいました。

10年前よりも今の方が簡単に購入できてしまうこともあり、ブランド品購入のハードルが低くなっていたのもあります。

暇な時間ができると無意識的にネットでブランド品を見ていて、欲しいと思ったものは脳死で購入してしまいます

購入は基本的にクレカで行っていました。

しかし、お金を使っている感覚がなく、返済も引き落としなので抵抗がありませんでした

林原さん

あける

それで借金をしてしまったんですね。

はい、稼いでいた頃の感覚が忘れられずつい、購入してしまうということを繰り返しました。

私が頻繁にブランド品を買っていた頃にはなかったリボ払いというシステムができたことも浪費に拍車をかけました

自分には稼ぐ力があるから借金をしても大丈夫、と根拠のない自信がありました。

結果的に、自分の収入では返済金には足りず消費者金融から借金をして返済に回しました。

林原さん

あける

それで消費者金融を利用してしまったんですね。

はい、月1ぐらいの頻度でブランド品を購入していたんですがリボ払いにしていたら限度額を超えてしまい一括請求されました。

一括請求の金額は自分の月収の倍ほどの請求でした。

もちろん返済に回すお金をすぐ用意することなんてできなかったのでアコムやレイク、モビットなどの消費者金融からお金を借りて一括請求の返済をしました

自分が消費者金融から借金することになるとは思っていなかったので、いよいよやばいなと思いました

それからはブランド品への浪費を月1から2ヶ月に1回と頻度を落としました。

しかし、退職と再就職を通して自分の給料が下がったという事実を受け入れることができず、浪費を止めることはできませんでした。

林原さん

借金の返済について

消費者金融は、借入をするまでのスピードが速く便利な借入方法です。

しかし、利息が15%~と高利息の借入でもあります。自分が返済できない額まで借りてしまうと借金額は雪だるま式に増えていきます

あける

ちゃんと返済はできましたか?

消費者金融を利用したことで、借金へのハードルが下がってしまい総量規制がかかるのにも時間はかかりませんでした。

そんなときふと、テレビで自己破産をした人や生活保護を受けている人の生活に密着している番組を見ました。

今後、このまま借金をし続けていたらいつまで経っても元金の返済が出来なくなってしまう。破産しか無くなってしまう。と思い、知り合いの弁護士に相談しました。

結果的に自己破産ではないものの、債務整理をすることになりました。

自分がした手続き、任意整理という手続きで24万円ほど借金が減額されました。

和解後、毎月の返済計画をたてて3万円づつ返済する事を決めました。

その後、毎月5万円ずつ支払えば問題なく生活できると言うことがわかり、毎月決まった額を支払うようにしました。

林原さん

任意整理手続きを終えたあとの状況

任意整理手続きを終えて返済の目処がたった林原さんですが、借金を利用した後に不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

今の心境はどうですか?

今思うと、現状の自分に満足できないことへのストレス発散だったと思います。

今まで身につけてきた金銭感覚というものはなかなか直すことはできません

転職して給料が少なくなったので生活レベルを下げなければいけませんでした。

一度上げてしまった生活レベルを下げるストレスは自分にとってはかなりきついものでした。

ただ、今回のことで借金をしすぎるとどうなるのか学べたので良かったと思います。

遅すぎる勉強でしたが、自分の給料の中でできる贅沢を精一杯楽しんでいきます。

林原さん

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2021年4月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

消費者金融の罠

消費者金融は、一定期間無利息など便利なシステムがあるところが多く、融資までの時間が短いので気軽に借金をすることができます。

しかし、消費者金融から借入を行なって無利息期間内に返済し終えている人はかなり少なく、利息がかさんでしまい悩んでいる方が多いのが現実です。

消費者金融はリボ払いとほぼ変わらない利息での借金になります。

計画的に利用できる場合は良いですが、借入額と返済額を把握していないとズルズル引きずってしまうことも少なくありません。

もし、消費者金融を利用してもう返済できない額になってしまっているなどが困っている場合は、借金減額シミュレーターを使ってみましょう

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断