大学進学費用、アパート下宿費用で500万円の借金体験談。【20代/500万円自力返済】


「借金体験談があなたの借金解決への手助けになる」を当ページの最後に紹介しています。→先に読む


入学費用や授業料が足りず奨学金を借りて大学に通った…

そのような方も少なくないですよね。

今回は大学の費用を工面するために奨学金を借りた野口さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

野口さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3.5)

【年齢】20代
【性別】女性
【職業】会社員
【借入件数】 3件
【毎月の返済額】8万円
【借金総額】500万円
【解決方法】任意整理
【減額できた借金額】180万円

奨学金を利用してしまった理由は?

奨学金を利用した野口さん。なぜ奨学金を利用したのでしょうか。

あける

野口さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

私が通っていた高校はいわゆる進学校でした。

大学の進学率は95%以上で、ほとんどの人が大学に進学します。そんな校風なので、高校卒業後にすぐ就職する人は冷たい目で見られます。

そんな高校に通っていたのですが私の家には大学に通うためのお金はありませんでした

高校にいる時から複数の奨学金の手続きをして、入学金からもらうことができるようにしました。

当時は、自分が借金をするという意識もなく、周りと同じように大学に行けるということしか考えていませんでした。

野口さん

あける

それで奨学金を借りたんですね。

はい、奨学金の支払いは大学を卒業してからなので後先考えずに毎月満額を借りていました。

複数社の奨学金だったので満額は大体月10万円ほどで、バイトをしなくても生活費の他に遊ぶお金があまります。

大学に通っていた頃は自分が何もしなくても毎月口座にお金が入ってくる感覚にあぐらをかいていました。

本当は、バイトなどもして卒業後の奨学金返済費用を貯めるべきだったのですが、「お金が足りなくなったらバイトすればいいや」と思ってしまいほとんどバイトはしていませんでした。

今思うと、お金を自由に使うことができなかった高校時代からの反動だと思います。

友達と遊びに行くと、特に浪費が激しかったです。見栄でお金を使ってしまったり、無駄に高いお酒を買ったり、、、

弥生さん

借金減額シミュレーターについて

あける

今回、借金減額シミュレーターを使ってみたのですね。

はい、奨学金ということで借金を減額できるのか不安でした

最初はネットで見つけたんですが、その時は奨学金も対象に入るとは知らずにスルーしていました。

その後、たまたま調べ物をしていた時に「奨学金も減額できます」という広告が絵に入ったので使ってみました。

野口さん

あける

利用してみてどうでした?

診断結果によると、広告内容の通り、私の奨学金も減額できるとのことでした。

卒業間近の就活時期に見ていたらいろんなシミュレーターを試していたと思います。

シミュレータを使った後は、専門家の方から電話が来て今の借入状況と借入額を聞かれました。

最初電話が来た時はびっくりしましたが、話してみるととても物腰が柔らかく、話しやすかったです。

結果自分は任意整理で180万円ほどの減額ができるとのことだったので、翌日弁護士事務所に伺い、手続きを始めてもらいました。

今回は早急に借金から解放されたかったので、任意整理手続きを選びました。

しかし、効率的に借金を減らす自力返済の方法も教えてもらことができました。

まだ、任意整理で続きで減額した借金の支払いは残っていますが、遅れることなく毎月返済できています。

野口さん

借金の返済について

消費者金融は、借入をするまでのスピードが速く便利な借入方法です。

しかし、利息が15%~と高利息の借入でもあります。自分が返済できない額まで借りてしまうと借金額は雪だるま式に増えていきます

あける

ちゃんと返済はできていそうですね。

まだ完済はできていませんが、毎月決まった額を返済できています。

任意整理前は、月に入ってくる給料を増やしたくて本業の他にバイトもしていました。

しかし、本業の後の夜にバイト、土日もバイトという生活をしていたら体を崩してしまい、結果的に返済に遅れてしまいました。

今は任意整理で借金を減額できたので給料の範囲内で返済と趣味を両立できています。

前月の給料からプラスで家計管理できたときは、繰上げ返済もして返済期間を短縮できるように頑張ってます。

野口さん

借金減額のシミュレーションを終えたあとの状況

完済に向けてコツコツ返済をしている野口さんですが、奨学金を利用した後に不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

今の心境はどうですか?

今思うと自分は貧乏じゃないって思いたかっただけだって思います。

小中高と、周りと比べて自分が裕福ではないことにコンプレックスを抱いていましたから。。。

でも、大学に行ったのは、自分が稼ぎ頭になって両親や兄弟を支えたいと思ったからなので、そこは自分を認めなきゃなと思います。

学生の頃に貯金をしてこなかったことは反省しています。

今回のことで、金融リテラシーが身についたと思います。

これからは、今まで返済に回していたお金を貯金して、私を大学にいかせてくれた両親を旅行に連れて行ってあげたいです。

野口さん

体験談が解決への道しるべとなります

今、このページをご覧になっているということは、「借金問題からなんとか解放されたい」と情報をお探しのことでしょう。

どうぞご安心ください。

このサイトには、過去に借金で苦しんでいた人々がどのように解決したのか、その体験談を豊富に掲載しています。

借金総額の体験談は、あなたと似たような状況から抜け出すことができた「リアルな解決法」が盛りだくさんです。

ぜひ一刻も早く、この不安な気持ちから解放され、あなたが望むいわゆる普通の生活を手に入れてください。

2020年5月~2021年4月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

上記、借金総額に応じたページへ遷移して、分析データを見たり体験談を読んだりすることで、今の不安を和らげることができるでしょう

消費者金融の罠

消費者金融は、一定期間無利息など便利なシステムがあるところが多く、融資までの時間が短いので気軽に借金をすることができます。

しかし、消費者金融から借入を行なって無利息期間内に返済し終えている人はかなり少なく、利息がかさんでしまい悩んでいる方が多いのが現実です。

消費者金融はリボ払いとほぼ変わらない利息での借金になります。

計画的に利用できる場合は良いですが、借入額と返済額を把握していないとズルズル引きずってしまうことも少なくありません。

もし、消費者金融を利用してもう返済できない額になってしまっているなどが困っている場合は、借金減額シミュレーターを使ってみましょう

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断