ADAコインで失敗してさらに仮想通貨取引へ。借金体験談【40代/860万円自己破産】

一度やってしまうとズブズブ沼にハマってしまう…

そう聞いて、ふと頭に思い浮かぶものはなんでしょうか?

今回は、仮想通貨の失敗を仮想通貨で取り返そうと借金を繰り返してしまった真城さんの体験談です。

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有

体験談

真城さん(仮称)
借入(減額)体験満足度: (3)

【年齢】40代
【性別】男性
【職業】会社員
【借入件数】 8件
【毎月の返済額】15万円
【借金総額】860万円
【解決方法】自己破産
【減額できた借金額】860万円

仮想通貨にハマってしまった理由は?

仮想通貨にハマってしまった真城さん。なぜハマってしまったのでしょうか。

あける

真城さん、今回はどうしてお金が必要だったのでしょうか?

FX取引や車のローン、転売の仕入れに利用していたクレジットの支払いサイクルの認識がずれて、支払いに回さないといけない売上を利益だと思い使い込んでしまいました。

真城さん

あける

なぜ仮想通貨に?

2017年にADAコインの爆上がりを目の当たりにして、後発だったのですが波に乗って、一時期含み益が原資の12倍くらいになりました。

しかし、値段が下がりつつもまた上がるのではないかと利確できずいたら暴落してしまいました。

悔しくて何とか取り戻そうと、そのあと流行った仮想通貨のICOで、コインママというサイトでクレジットカードを使用して、仮想通貨を買いました。

ICOに参加したものの値段が上がらず無価値になっていったものばかりでした。

真城さん

あける

それで仮想通貨にハマってしまったんですね。

はい、今は無価値でも数年後に100倍になっている可能性があるのが仮想通貨です。

その魅力に魅了されて仮想通貨にハマってしまいました。中には詐欺のような仮想通貨もあり、見極めが難しいのですが

真城さん

借金の返済について

仮想通貨取引は近年注目を浴び、ビットコインを中心に流行っています。

うまくいけば100円が1万円になるほど利益が望めるものですが、その分価格は不安定で、上下動が激しいため損失も大きくなります。

あける

ちゃんと返済はできたんですか?

借金が600万を超えたあたりで、もう無理だと思い弁護士に相談しました。

その相談した弁護士によると、使用用途の状況からすぐに自己破産できないから2年間くらい任意整理してから破産しようという提案でした。

当時はそういうものかなと思いながらも弁護士が言うんだからと鵜呑みにしていました。

しかし、2年間の任意整理中にFX取引を行ったことでFXをやったら自己破産は無理と言い切られたので、そんなわけがないと思い他の弁護士を探しました。

結果、他の弁護士さんにはスムーズに自己破産の続きを進めてもらうことができました。

真城さん

仮想通貨から脱却した後の状況

自己破産をした真城さんですが、仮想通貨から脱却した後に不便なことや、気になっていることなどあるのでしょうか。

あける

今の心境はどうですか?

事業の融資は別にして、個人の借金はしない事の方が当然なのに、その感覚がずれていたと思います。

お金に余裕がないと、ネット上にあふれる借金から一発逆転みたいなものに惑わされ、平常心ではやらないような事にも首を突っ込んだりしてしまいます。

また、一概に弁護士といっても考え方が偏った人もいるんだと、とても勉強になりました。

せっかく弁護士を入れて同じ費用をかけても人選を間違えれば結果は全く違うものになると思います。

真城さん

仮想通貨のリスク

仮想通貨はのめり込んでしまうと値動きが大きく、金銭感覚がずれていってしまう方も多い依存性の高いものです。

今回のケースでは結局自己破産に至りましたが、投機的な取引で負債を抱えた場合、自己破産が成立するのが難しくなることがあります。

趣味程度の投資で収まっている場合は問題ありませんが、仮想通貨でもう払えないほどの借金になってしまっているなどの場合は、弁護士などの専門家に相談して問題解決にあたりましょう。

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断