なぜ借金減額シミュレーターって怪しいの?デメリットと減額の仕組み


あけるさいむには、借金減額シミュレーター「本当に使っても問題ないの?」「怪しくないの?」といったお問い合わせが毎日届きます。

みなさん、利用に際してのデメリットが気になるようですので、借金減額シミュレーターのデメリットや仕組みについて紹介します。

実際に使った人のアンケートデータや体験談を交えながら、わかりやすくお伝えしていきますので、気になるところをぜひお読みください。

本当に借金が減りますか?

本当に私の借金が減るんですか?

そうだとしたら、なぜ無料なのでしょうか?

柏木

はい、借金を減額することができます。

これまでも多くの方々が借金を減額し、完済までたどり着いていますよ。

また、借金の減額可能な金額をシミュレーションするのは無料です。

無料の理由は、これらのツールが弁護士や司法書士の広告の一部だからです。

「借金を減額する手続き」を行うと、法律事務所がその諸費用を収益として受け取ります。

借金があること、家族にバレませんか?

借金減額シミュレーターを使ったら、借金をしていることが家族にバレませんか?

柏木

匿名で利用できますので、家族や会社にバレることはありません。

法律事務所が監修したツールですので、特にプライバシーには配慮しています。

\借金解決ならここ/
⇒ 借金減額シミュレーター

利用者アンケートを見てみよう!

借金減額シミュレーターの個々のデメリットを考える前に、利用者アンケートを取りましたので結果をご紹介します。

【質問】借金減額シミュレーターを利用してどうでしたか?


2020年5月~2021年4月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

このように、借金のことで毎日の生活がままならないという方にとって「良いきっかけになった」(約9割)と答えています。

次に、実際に借金を減額できたかを聞いています。

【質問】借金は減額できましたか?


2020年5月~2021年4月の「あけるさいむ」ユーザーアンケートに基づくものです

このように、実際に借金を減額できた人が約8割に上ります。

「参考になった」と答えた人のなかには、専門家からのアドバイスを参考に減額手続きを取らずに返済を完了したとの回答があります。

\借金解決ならここ/
⇒ 借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターのデメリットは?

では、借金減額シミュレーターを使った場合に想定されるデメリットについて説明します。

借金減額シミュレーターは、

(1) 借金がいくら減額できるか?を知る
(2) 実際に減額手続きをする

という「2つの機能」で成り立っています。

ですので、「減額金額を知る」「減額手続きをする」と二つに分けてデメリットを考えましょう。

※減額シミュレーションをしたあと、必ずしも減額手続きを取る必要はありません

1.「減額金額を知る」デメリットは?

特にデメリットはありません

強いて言えば、借金減額シミュレーターがたくさん提供されており、借金減額の可能額がそれぞれのツールで異なることが挙げられます。

それらのツールは弁護士や司法書士などが監修していますが、どのように減額手続きを想定するかで結果が変わってくるためです。

診断結果を確認して、もう少し減額できないかな?と思ったら、手間は掛かりますが同様のツールをいくつか試してみることをおすすめします。

あけるさいむが業務提携している法律事務所が監修した借金減額シミュレーターはこちらから利用できます。(無料・24時間対応)

▶ 借金減額シミュレーター
※匿名で利用できます(簡単1分)
※減額実績が高いです

2.「減額手続きをする」デメリットは?


減額できる金額がわかったあと、弁護士や司法書士に「減額手続きを依頼する」ことに対してデメリットはあるのでしょうか

「今抱えている借金を減額できる」という大きなメリットの一方で、デメリットと捉えられるものは以下の通り。

  • 減額手続きには費用が掛かる
  • 一定期間クレカが作れない
  • 法律事務所を選ばなければならない

それぞれ簡単にご説明します。

減額手続きをするのに費用が掛かります

シミュレーションの結果を確認したあと、借金の減額手続きを依頼する場合、弁護士や司法書士に手続き費用を支払います。

各金融機関との和解交渉や申請などを代行してもらうための費用となります。

「借金を減額できた金額」-「手続き費用」=得する金額

この式の通り「減額できた金額」から「手続き費用」を引いた金額がプラスになれば、あなたは損することはありません

金銭の見積もりは事前に説明してもらえますので、心配しなくても大丈夫です。

減額できた金額より弁護士費用のほうが上回ることがあったら、手続きする意味がないですからね。

借金減額をするとクレジットカードを作れなくなります

借金減額手続きをすると、クレカやカードローンの利用ができなくなります

これまで当たり前のようにクレカを使っていた人からすると、財布を取り上げられたような感覚になりますが、それがあったから借金を重ねてしまったわけです。

実際のところ、一定期間(約5年間)クレカを使えないほうが「生活を見直すのに役立った」と考えている人が多いです。

VISAブランドのデビットカードやプリペイドカードは使えますので、普段のショッピングなどは問題なく行えます。

法律事務所によってサービス内容や対応が異なる


いざ借金減額の手続きとなると、お金の専門家である法律事務所に依頼することになります。

ここで注意してほしいことは、各法律事務所によってサービス内容や対応が異なるという点です。

以下に特にチェックしておきたいポイントを紹介します。

  • 法律事務所の実績や金融機関との交渉力
  • 担当者の人柄や相性
  • きめ細やかな連絡のやり取り
  • 各種手続き費用

それぞれ簡単にご説明します。

①法律事務所の実績や各金融機関との交渉力

借金がどれだけ減額できるのかは、法律事務所と金融機関との交渉によって決まります。

ですので、これまでの実績や交渉力が強い法律事務所のほうが減額金額が多くなるということです。

また、返済プランにおいて、毎月の返済金額や返済期間を無理のない形で調整してもらえるかも、重要なポイントです。

②担当者の人柄や相性

弁護士や司法書士というと敷居が高く感じられますよね。

借金で生活が困っている人をサポートする手続きなので、事情はしっかりと汲んでくれる人が多いです。

とはいえ、やはり人ですので相性はあります。

信頼して任せられる方に担当してもらえると、手続き期間中も安心して過ごすことができます

③きめ細やかな連絡のやり取り

借金の減額手続きは、主に法律事務所が代行してくれますが、手続きが終わるまで数ヶ月間に及びます

その間、手続きが問題なく進んでいるのか、いつ終わるのかの見通しなど、どうしても不安な日々を過ごすことになります。

そんなとき、「今こんな感じですよ」「問題なく手続きは進行しています」などコマメに連絡してくれる方だと本当に安心できます。

④各種手続き費用

借金減額の手続き費用は、法律事務所によってマチマチです。

着手金、成功報酬金、減額金額から一定の報酬金などから算出されます。

費用が安くても減額交渉が弱いと結果として損をしてしまいます

一方、費用が高いと大幅な減額に成功してもらわないと割に合わないことになってしまいます。

契約する前に各費用の見積もりが提示されますので、もう少し安く対応してほしい場合は、他の法律事務所に相見積もりを取るようにしましょう。

ただし、最終的にはこの金額で決めるよりも、担当者との相性やキメ細やかな連絡をしてくれるほうが安心して任せられます

これまで減額体験をした方々からご報告をいただいていますが、みなさん口を揃えて「担当者が大事」とおっしゃいます。

借金減額シミュレーションのメリットは?


借金減額シミュレーターを使うメリットについて簡単に説明します。

  • 借金をどれだけ減額できるか診断
  • 無料・匿名で利用可能
  • 初回の相談は無料
  • 減額手続きをしなくてもよい

それぞれ簡単にご説明します。

借金をどれだけ減額できるか診断してくれます

あなたの借入件数と大まかな借金金額を入力すると、弁護士、司法書士が監修したツールにより、減額可能な金額が算出されます。

「この金額を把握できるだけでも安心できた」という方がたくさんいます。

無料・匿名で利用可能

借金減額シミュレーターは匿名で利用できますので、家族や会社にバレる心配はありません

スマホから簡単にスタートできます。

初回相談は無料で専門家からアドバイスをもらえる

減額できる金額を知るだけでなく、あなたが希望をすれば弁護士や司法書士の相談を無料で受けることができます。

これまでの事例を参考に、あなたがどのように対処していけば無事に完済できるか、お金の専門家の立場からアドバイスしてもらえます。

このアドバイスだけで「生活を見直して完済できた」という方もいます。

減額手続きをしなくてもよい

借金減額シミュレーターを使ったからといって、減額手続きを今すぐ取る必要はまったくありません

法律事務所が無理に勧めてくることもありませんので、まずは客観的に状況を把握することを目的に、シミュレーションツールを使ってみましょう。

\借金解決ならここ/
⇒ 借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターの仕組み

借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士が監修しているツールです。

「借金減額手続き」の広告の一部として提供されていますので、減額シミュレーションは完全無料で利用できます。

ここでは借金減額シミュレーターの仕組みと利用方法について紹介します。

STEP.1
借金減額シミュレーターにアクセス

あけるさいむが提携している借金減額シミュレーターはこちらです。
※匿名で利用可能

STEP.2
借入件数を入力

借入件数を入力します。

STEP.3
借金総額を入力

借金総額を入力します。(大まかで大丈夫です)

STEP.4
診断結果の届け先を入力

診断結果を届けてほしい宛先を入力します。
※匿名で利用可能

STEP.5
診断結果を確認

減額可能な借金額がわかります!

\借金解決ならここ/
⇒ 借金減額シミュレーター

借金減額の制度

借金減額診断の結果、法律事務所に減額手続きを依頼すると、債務整理という国の制度に則った手続きを取ることになります。

お金の問題となりますので、弁護士や司法書士が在籍する法律事務所が担当します。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

あなたの借入れ状況や毎月の収入と支出などを考慮しながら、適切な手続きを選択することになります。

事前にどのような制度なのかをざっと把握しておきたいというご要望がありましたので、簡単にそれぞれの仕組みについて紹介します。

任意整理

任意整理は債務整理をする人の8割以上の人が選ぶ方法です

将来の利息を減額することができ、減額された総額を3~5年で完済する返済プランを設定。

任意整理の具体的な流れやメリット・デメリットなど、より詳しい情報を知りたい場合は、以下のリンクから詳細をお読みください。

▶「任意整理について詳しく知る

個人再生

個人再生は裁判所に再生計画の認可を申請し決定を受ける手続きです。

認可が下りると借金を大幅に減額することが可能。

あなたが依頼した司法書士や弁護士の専門家の力を借りながら、裁判所の手続きが必要となります。

個人再生の具体的な流れやメリット・デメリットなど、より詳しい情報を知りたい場合は、以下のリンクから詳細をお読みください。

▶「個人再生について詳しく知る

自己破産

自己破産は、財産や収入が不足し、借金返済の見込みがないことを裁判所に認めてもらうことで、借金の支払い義務が免除される手続きです。

原則として借金を支払う義務がなくなりますので、借金の返済に追われることなく、今後の収入をすべて生活費に充てることができます。

自己破産の具体的な流れやメリット・デメリットなど、より詳しい情報を知りたい場合は、以下のリンクから詳細をお読みください。

▶「自己破産について詳しく知る

最後に

「私は借金減額シミュレーターを使った方がいいのでしょうか?」という質問がよく寄せられます。

あけるさいむの回答としては、いつもこのようにお答えしています。

「借金減額シミュレーター」や「借金減額診断」という言葉を知ったり、調べたりしているということは「すでに対象です。まずはやってみてください」と。

借金でお困りの方は、まじめな方が多いです。

何かしらの歯車が狂ってしまい借金を重ねつつも、それでもなんとか借りたお金を返済しようと頑張っていらっしゃいます。

なにも、きらびやかで派手な生活を望んでいるわけではないですよね?

平凡でいわゆる普通の生活を取り戻したいと考えていることと思います。

ぜひ借金減額シミュレーターを使ってみてください

匿名で1分で終わりますので、今すぐ試してみる価値はあります。

「やってよかった」と、ほっとすることをお約束します。

\借金解決ならここ/
⇒ 借金減額シミュレーター

柏木 裕一
借金減額スペシャリスト

あけるさいむでは借金問題でお困りの方、延べ4,500名以上の減額をサポート。借金減額に関する難しい手続き・解決方法を体験談を交えながら、わかりやすく紹介します。OFO Inc.,債務整理アドバイザー/ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有