リボ払いとは?何が危険なの?

リボ払いとは、クレジットカードやキャッシングの支払方法のひとつで「リボルビング払い」の略です。

借入額をまとめて毎月の支払額を一定の金額に固定し、金利とともに返済していきます。欧米で主流の支払い方法でしたが、日本でも用いられるようになりました。

リボ払いは毎月の支払額を一定に固定できるため、手元にまとまったお金がない場合でも欲しいものが購入できます

ただし、利息が発生するためリボ払いを多用してしまうと返済期間が延び返済が苦しくなってしまいます。

リボ払いの種類

リボ払いには、「残高スライド方式」と「定額方式」の2種類があります。どの支払い方式を採用しているかは、クレジットカードやキャッシングによって異なります。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、あらかじめ支払残高が決められている方式です。支払残高に応じて、毎月の支払額が変動します。

例:支払残高が10万円未満の場合で毎月の支払額が5,000円、支払残高が10万円以上15万円未満の場合毎月の支払額が1万円と設定されている残高スライド方式の場合

支払残高が10万円未満で毎月5,000円支払いをしていた→大きな買い物をして支払残高が12万円になった→支払残高が10万円以上になったので毎月の支払額が1万円になる。

定額方式

定額方式とは、支払残高が変動しても毎月の支払額が変わらない方式です。

例:支払残高が10万円未満で定額方式で毎月支払額5,000円の場合

支払残高が10万円未満で毎月5,000円支払いをしていた→大きな買い物をして支払残高が12万円になった→毎月の支払額は5,000円のまま。

毎月の支払金額は変わらないものの、支払残高が増えるとそれだけ返済期間が長くなります。支払金額を低く設定していた場合、支払う利息も増えてしまいます。

分割払いとリボ払いの違い

リボ払いと似た支払方法に、分割払いがあります。リボ払いと分割払いそれぞれの特徴を踏まえた違いを解説します。

リボ払い

記事冒頭にあったようにリボ払いは、支払残高に対して毎月の支払額を決めて返済する方法です。

毎月の支払額が一定のため、支払残高によって返済期間の長さが変わります。

支払残高が高ければ高いほど、支払期間は長くなります。

分割払い

分割払いは、支払総額ではなくひとつの支払いごとに回数を決めて返済する方法です。

利用時にあらかじめ何回の支払いで返済を終わらせるかを決めるため、その時点で返済期間も決めることになります。

分割払いの毎月の支払額は、支払回数に応じて変動します。同じ金額の買い物でも分割払いの回数が少なければ返済期間は短くなり、回数が多くなれば返済期間は長くなります。

リボ払いのメリット

リボ払いには以下2つのメリットがあります。

  • 毎月の支払額を抑えることができる
  • 手元にお金がない時でも支払いができる

それぞれ解説します。

毎月の支払額を抑えることができる

リボ払いは、高額の買い物をした場合でも支払額は一定です。毎月の支払額を抑えられるので、借金の返済が生活を圧迫することがありません

一括払いで高額な買い物や高額の借り入れをした場合は、翌月高額を返済しなければいけません。

そのため、借金の返済に充てたため生活費が足りなくなるなど、生活を圧迫する場合があります。

リボ払いなら、残額スライド方式、定額方式いずれも毎月の支払額が把握できます。

手元にお金がない時でも支払いができる

リボ払いは、毎月の支払額を決めたうえで長期にわたって支払いを続けることになります。

どうしても欲しい商品があるけれども手元にお金がない、という場合でもリボ払いを利用すれば購入可能です。

リボ払いのデメリット

高額な買い物もできるリボ払いはとても便利です。一方でリボ払いには以下3つのデメリットもあります。

  • 利息が高い
  • 支払い残高を把握しておかないと危険
  • 合計返済額が大きくなる

それぞれ解説します。

利息が高い

リボ払いは、年利15%ほどが相場です。

毎月の返済金額は低いものの、利息が高いため支払期間が長くなれば長くなるほど支払う利息の金額が上がり、返済負担が大きくなります。

支払残高を把握しておかないと危険

リボ払いは、支払残高を把握しておかないと返済不能に陥るリスクがあります。残高スライド方式の場合は、支払残高に応じて毎月の支払金額が変動します。

支払残高を把握せずにリボ払いを使ってしまうと、予測していなかったタイミングで支払金額が変動する場合もあるのです。

気軽に利用できる支払方法として多用してしまうと、支払残高が増えて返済が長期化するリスクもあります。

支払残高はつねに把握したうえでリボ払いを利用するのが重要です。

合計返済額が大きくなる

リボ払いは、一括払いや分割払いよりも合計返済額が大きくなるデメリットがあります。分割払いは返済期間が決まっているため、元金が減るペースも大きいです。

一方、リボ払いは支払残高が大きければ大きいほど返済期間が長くなります。毎月の支払で利息に割り当てられる分が増え、元金が減らないためです。

その結果、合計返済額が大きくなってしまいます

リボ払いが危険な理由

リボ払いは便利な支払方法である一方、危険な支払方法でもあります。リボ払いは以下2つの理由から、危険と言えます。

  • 支払い金額が一定のため支払い残高が減りにくい
  • 知らない間に利用残高が増える

それぞれ解説していきます。

支払い金額が一定のため支払い残高が減りにくい

リボ払いは、毎月一定の支払金額から利息と元金を支払っていきます。支払残高が増えると支払期間が長くなるため利息も増えます。

支払金額が一定のため支払い期間が長くなるにつれ返済金の中で元金より利息の割合の方が大きく占めてしまいます

そのことによりなかなか元金が減らせず、いつまでも返済が終わらないのがリボ払いの危険なポイントです。

知らない間に利用残高が増える

定額方式のリボ払いは支払残高が増えても、月の支払金額が変わりません。支払残高が増えると、支払金額が長くなるため利息に充てられる分が多くなります。

また、リボ払いの場合元金の利息にも再び利息がつく「複利」と言う制度をとっている会社もあるため注意が必要です。

リボ払いは便利なため、多用してしまうと自分が知らないうちに多額の利用残高を支払うことになるのです。

リボ払いから抜け出す方法

リボ払いは毎月の支払額が変わらないため、利用残高が多くなるとなかなか元金を減らせず返済がいつまでも終わらないことになります。

リボ払いから抜け出すのに有効なのが、以下の4つの方法です。

  • 繰上げ返済
  • 全額一括払いに変更
  • 毎月の支払額を変更
  • 債務整理する

※過払い金請求は基本できない

順に解説します。

繰上げ返済

資金に余裕があるときには、積極的に繰上げ返済をするようにしましょう。

繰上げ返済は、月々の返済額のほかにまとめて返済額を支払うことで、元金を効率よく返済できる方法です。

全額払いに変更

手元に元金をまとめて支払える資金があれば、全額払いに変更するのが有効です。

全額払いに変更し、支払残高をすべて支払えばリボ払いを完済できます。完済後はリボ払いは最終手段にし、できるだけ一括払いや分割払いを利用するようにしましょう。

毎月の支払額を変更

毎月の支払額を増やせば、元本の返済に充てられる金額が増えます。

資金に余裕があれば支払額を増やすことで返済期間を短くし、リボ払いの返済負担を軽くできます。

また返済期間が短くなるので利息が膨れ上がると言う事態も起きにくくなります。

債務整理する

繰上げ返済や一括返済できるほど、毎月の返済額が増やせるほど資金に余裕がない場合はリボ払いの返済不能に陥っている状態です。

法的に借金の返済負担を軽くできる、債務整理を検討しましょう。

また、リボ払いは金利は高いものの利息制限法の範囲内の金利になっています。債務整理をしても過払い金請求は基本的にできないことを覚えておきましょう。

まとめ

リボ払いは毎月の支払金額を一定にして返済していく方法です。

手元に資金がない場合でも買い物ができる、毎月の生活を圧迫しにくいなどのメリットがあります。

その一方で、いつまでも返済が終わらない、知らないうちに多額の利息を払っているなどの危険性もあります。

リボ払いが終わらず悩んでいる場合は、債務整理も視野に入れてみましょう。