101〜150万円の借金体験談 リアルな事例の条件から読み解く借金の減額幅と損しない債務整理

ガイド 鈴木太郎

101〜150万円という価格帯は学生時代の奨学金や事業ローン、多重債務と借金の種類も様々なものが出てくる価格帯です。また、収入によっては自己破産や個人再生といった債務整理も選択肢に上がってくると考えられます。車や家など大きな金額のものの購入を検討する年代が多く債務整理をするならば若いうちにと踏み切る方が多い価格帯です。同時に過払い金請求での減額を見込める価格帯でもあります。

年代や職業における借金解決方法の割合

あけるさいむ独自のアンケートデータからは、この価格帯から任意整理を主として債務整理をしている人が増え始めました。全体に対して約50%任意整理や自己破産など債務整理を経験して借金を解決しており、全体的にカードローン、クレジットカードでの借り入れの割合が増え、借入件数が最大8件、借入平均が2.5件と金額に比例して借り入れ件数も増えている傾向が強く現れています。この価格帯から、完済した人は極端に減り返済中もしくは債務整理をした人が多くなりました。20代、30代では学生のころの奨学金で悩む人が、40代では自営業の方の事業ローンで悩む人が増えているというアンケート結果です。

101〜150万円以内の借金解決体験談

  • 【年齢】30代
  • 【性別】男性
  • 【職業】自営業
  • 【借入金額】150万円
  • 【解決方法】任意整理
  • 【減額できた借金額】50万円

  • 【年齢】50代
  • 【性別】男性
  • 【職業】自営業
  • 【借入金額】150万円
  • 【解決方法】特定調停

  • 【年齢】20代
  • 【性別】男性
  • 【職業】学生
  • 【借入金額】150万円
  • 【解決方法】任意整理

借入価格帯別

〜50万円

51〜100万円

101〜150万円

151〜200万円

201〜300万円

300万円〜