闇金を利用して口座が凍結されたらどうしたらいい?

今までお金を借りていたカード等が全て上限に達してしまい、闇金からお金を借りたら銀行口座が凍結されてしまった・・・

あけるではこのようなご相談をいただくことがあります。

なぜ口座が凍結されるのでしょうか。それは、銀行口座が闇金に不正利用されている可能性があるためです。

この記事ではなぜ闇金から借金をすると銀行口座が凍結されてしまうのか、口座が凍結された場合の注意点、口座凍結の解除方法を解説します。

銀行口座は犯罪利用で凍結される

まず、銀行が口座を凍結する理由はどのようなものがあるのでしょうか。

銀行が口座を凍結する例としては利用者が債務整理を行った場合や相続手続きによる一時的な凍結など、さまざまなパターンがあります。

その凍結理由のパターンの中には、闇金問題などの「犯罪行為に口座が不正利用された場合に口座が凍結される」というものが存在します。

闇金によって口座が不正利用されたということを、警察や弁護士などが確認した場合、口座は「犯罪利用預金口座」であると認識されます。

捜査機関が犯罪利用預金口座であることを銀行に通知すると、「振り込め詐欺救済法」という法律をもとに銀行は口座の凍結手続きを行います。

それは犯罪利用されている口座を凍結することで、闇金被害を増やさないようにするためです。

闇金から借金をしたら口座が凍結される原因

闇金利用者側は犯罪行為をしたわけではないのになぜ、利用者の口座が凍結されてしまうのでしょうか。

利用者は知らずしらずのうちに、口座の不正利用に巻き込まれてしまっているだけなのに。

それは不正利用という括りの中に、闇金の「客振り」という手口が含まれているからなのです。

凍結原因になる客振りのシステム

口座が凍結される理由として、もっとも多く考えられるケースは「客振り」という闇金の手口に、口座が利用されてしまっている場合です。

「客振り」とは、闇金が利用者に貸付金を入金する際に、闇金が所有している口座から直接振り込むのではなく、他の利用者から別の利用者に対してお金を振込ませる手口のことです。

少しわかりにくいので、客ぶりのしくみを順に確認しましょう。

通常、闇金からの貸付金は、闇金の口座からあなたの口座に対して直接振り込まれます

一方で「客振り」の場合にはこれと異なり、闇金が直接口座に振り込むのではなく、他の利用者が別の利用者口座に「返済金」を振り込むように仕向けるのです。

他の利用者に対して、「この口座に返済してください」と借入を依頼した人の口座を教えることで、闇金は自分の口座を晒すことなく借入金の回収と新規の貸付を同時に行うことができます。

客振りに巻き込まれた場合、借入れをしたお金は、他の利用者の返済金です。

つまり、口座に対してなんの疑いも無く振り込みを行った他の利用者にとって、指定された口座は闇金の口座と思われてしまいます。

そして、他の利用者が闇金被害を警察や弁護士に相談すると、あなたの口座を闇金の口座として報告しますので、「犯罪利用口座」として凍結されてしまうのです。

口座が凍結された場合の注意点

口座が凍結されてしまったけど他の口座もあるからという考えで放置するのは危険です。

なぜなら、そのまま凍結口座を放置してしまうと生活にさまざまな支障をきたすことになるためです。

口座が犯罪利用によって凍結されてしまった場合の注意点を解説します。

同一名義の口座も凍結される

振り込め詐欺救済法の措置により口座が凍結されると、同一名義の銀行口座まで凍結される場合があります。

そのため、「他行の口座が残っているから別に問題ないよね」という考えは危険です。

しかるべき処置を行わなければ、銀行口座を持たずに生活を送るという大変不便な状態に陥ることになります。

新規口座が開設できなくなる

犯罪行為などの不正利用が原因で口座が凍結されると、新規の口座が開設できなくなる可能性が高くなります。

犯罪に利用された疑いのある口座を、金融機関は「預金保険機構」という機関に公告を依頼する必要があります。

この公告は、他の金融機関と広く共有されますから、口座の新規契約などを断られる場合が出てくるのです。

警察や弁護士に闇金の共犯者だと疑われる

凍結された口座を放置すると、警察や弁護士に闇金の共犯者と疑われてしまう可能性があります。

口座は警察や弁護士が闇金だと思ったから凍結されています。そのため、その反論をしなければ、闇金業者かその共犯者とされます。

闇金の被害者なのに、共犯者だと思われてトラブルに巻き込まれてしまいます。

場合によっては共犯者として連行されてしまいますので、凍結口座は放置ではなく早めに対処しましょう。

口座の凍結を防止する方法

口座の凍結を防止する方法として、まず、闇金から絶対に借入を行ってはいけません。もし借入をしてしまった場合には使用した口座を解約することで凍結を防止できます

口座を解約してしまえば、同じ名義の口座が凍結されるのは避けられる可能性が高まります。そのため、闇金と繋がりのある口座は気づいた時点で解約しましょう。

口座凍結を解除する方法

もし口座が凍結されてしまった場合、お金を引き落とすことも、解約することもできなくなってしまいます。

また、新規口座を作ることも不可能になってしまいます。

そのような場合、以下の方法で口座の凍結を解除することが可能です。

口座凍結解除を依頼する

1つ目の方法は、口座凍結解除を自分で直接依頼する方法です。

まずは、凍結された口座を契約している銀行で「どこの誰から口座の凍結が要請されたのか」を問い合わせてください。

問い合わせをすると、凍結の要請を行った警察署、もしくは弁護士事務所を教えてくれますので、直接口座凍結の解除を依頼してください。

警察署や法律事務所に依頼しに行くとき、闇金業者との取引を証明できる「振り込み履歴」や「闇金とのやり取り」を証拠として持参すると、話がスムーズです。

相手方に納得してもらえれば、口座の凍結を解除してもらうことができます。

闇金問題に詳しい弁護士や司法書士などの専門家に解除を依頼する

自分で直接凍結の解除依頼を行うのが難しいと思った場合、弁護士や司法書士などの専門家に凍結の解除を依頼することをおすすめします。

闇金問題に詳しい専門家であれば、凍結の解除の実績もあるので、スムーズに問題解決できます。

また、弁護士に闇金問題で悩んでいることを相談すれば、闇金問題そのもの解決を依頼することが可能です。闇金業者は反社会勢力です。

まとめ

闇金から借金をすると口座が凍結される原因は、利用者が知らずしらずのうちに「客振り」などの不正利用に巻き込まれてしまうためです。

闇金と関係をもった口座は解約することで口座の凍結を避けることができます。

口座を解約しないまま闇金との関係を続けていると、闇金からの押し貸しなど思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

口座が凍結されると不便なだけではなく、闇金の仲間と警察に思われてしまう可能性もあります。そのため、放置せずに凍結解除の依頼を行いましょう。

もし、自分ですべての手続きを行うことが難しい場合は、弁護士や司法書士に相談しましょう。

口座凍結解除の手続きだけではなく、闇金全般の相談を依頼することも可能です。

\【司法書士監修】無料・匿名で1分でわかる!/
借金減額シミュレーター
\無料・匿名で1分!/
借金減額診断